MLM ネットワークビジネス 光と影 > ネットワークビジネス・MLMについて


ネットワークビジネス(MLM)とは

ネットワークビジネス

MLM(マルチレベルマーケティング)

マルチ商法


など様々な呼ばれ方をされ、

時に悪徳商法・ねずみ講(ネズミ講)などと一緒に語られますが、これらは全て法律用語ではなく、

法律的には

特定商取引に関する法律(旧訪問販売法)

で定められる連鎖販売取引にあたります。

ネットワークビジネス・MLMの可能性

多くのネットワークビジネス(MLM)
企業の説明会でよく語られるのが
「労働収入」ではなく「権利収入
を得られるということです。


一旦自分の下部組織(ダウンライン)を作り、
そこで商品ないしサービスが流通すると
自分は何をしなくても継続して収入が得られるということです。


しかしながら、相当巨大なダウンラインの
グループを作らねば自分何もしなくても
自動で売上が増えていく状況にはなりづらく、

権利収入と呼べる収入を得られているのは
多くのネットワーカーの中でごく一部だといわれています。

ネットワークビジネスは独立・起業あるいは副業・サイドビジネスの
1つの形態ではありますが、
成功して一定額以上の権利収入を
得られるようになるには相当な努力が必要となるでしょう。

「ネットワーク・ビジネス 2×2=6」
シリーズは多くのネットワーカーが読んでいると思われる非常に有名な本で、MLMの波及力を分かりやすく解説しています。

ネットワーク・ビジネス 2×2=6―あなたの“やり方”は間違っている
ネットワーク・ビジネス 2×2=6―あなたの“やり方”は間違っているドン フェイラ Don Failla 形山 淳一郎

四海書房 1998-02
売り上げランキング : 80040

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ネットワーク・ビジネス Q&A×99 そこが違う!あなたの“やり方” ネットワークビジネス最初の一年―すべては、ここで決まる! Sense of Bridge―Bさんの感覚を極める7つのStep ザ・バイブル―ビジネスで成功するための完璧なシナリオ ネットワークビジネス 女性の出番―これがもっとも賢い方法

破綻相次ぐ国産MLM企業

アムウェイやニュースキン(nse)などの
大手の外資系MLM企業・ネットワークカンパニーではなく、
日本の企業が作った国産ネットワークビジネスが
相次いで破綻していると耳にします。

それらの国産MLM企業の多くはメーカーではなく、
他社商品やOEM製品の取り扱いまたは
情報通信系などのネットワークが多いようです。

メーカーでないということは、
売上に占める原価率が高くなるため、
必然的に還元率が低くなり、
また会社の資金力が乏しい場合も多く、
高額な加盟金(あるいは初回製品代にしては高額な料金
をとってそれを分配する会社が多いようです。

そしてメンバーの収入のほとんどが商品・サービスの流通からでなく、
加盟金の分配
によるものとなりがちなようです。


この形態はそのビジネスモデルが成功し、
ビジョン通りになると流通から
健全な収入が発生することになりはしますが、

多くの会社では計画通りの流通があまり起こらず、加盟金の分配が主になっているようです。


この収入は当然、毎月新規加盟者がいる間は発生しますが、
一回きりの労働収入です。

そして権利収入を生むはずの
毎月の流通は結局起こらないまま
破綻する会社が多い
ようです。


また、それらの会社の多くは資金力に乏しいため、

高額な加盟金に加えて、毎月の権利金・ロイヤリティーなどを取り、
それを分配する
場合もあるようです。

(つまり、愛用者がほとんどおらず、ビジネスメンバーのマネーゲーム
となっている場合が多いということです。
当然、末端では多くの被害者を生みます。)

ねずみ講とMLMにあるように、

このような国産ネットワークビジネス企業の中には
商品・サービスが流通していなく、
ねずみ講と看做され逮捕者がでる事態になる場合も
あるほどなので参加する前にどのような会社か、
ビジネスモデルは実現可能なものなのか、
検証してから参加したほうが無難でしょう。

国産ネットワークカンパニーの経営者の中には

ネットワーカー支援を謳っておきながら、裏では
「ネットワーカーは夢さえみさせてやれば満足する」などと言う経営者もおり、

加盟者から儲けることしか考えておらず、
加盟者を成功させようとも思っていない
経営者
もいますので
よく調べてから参加すべきと言えるでしょう。

また、最低資本金である1000万円の資本金
(2006年の会社法改正以前)
で株式会社として設立されたMLM企業も多く、

中には資金力がなく、
違法行為である「見せ金」で設立した会社もあるようです。

健全なMLMかどうかの一つの基準は
参加者における純粋な消費者の割合にあるでしょう。

ネットワーク曲線 成長曲線の謎や、
グループが下から崩れるとは
にあるように、

純粋な消費者があまりおらず、
ほとんどの参加者がビジネスとして取り組んでいるようなMLM
の場合、
実質的にねずみ講に近い状態になっている可能性があるので
十分な注意が必要でしょう。

そういったビジネスメンバーばかりのMLMでは、
会社側やアップラインは

「今は設立期でビジネスメンバー主体の方が良く、消費者はあとからいくらでも増える」などという説明をすることが多いようですが、

そう言っていたMLMで後から消費者が増えて
健全な状態になるのを見たことがあるでしょうか。

借金とネットワークビジネス

日本アムウェイ(AMWAY)への被害・苦情

ニューウェイズ(NEWAYS)への被害・苦情

ニュースキンジャパン(Nu Skin NSE)への被害・苦情

にもあるように、

消費者金融・サラ金などで借金を抱えている
ネットワーカーは相当いるようである。

職業がネットワークビジネス(MLM)だけだと
クレジットカードやローンの審査は通りにくいようであるが、
中には審査が甘い消費者金融・クレジット会社
などもあり、人によっては数百万円単位の借金
を抱えていたりする場合もあるようだ。

多くのビジネスの説明会・セミナーでは
ネットワークビジネスは低資金ではじめられ、

ノーリスク

を謳っているものの、
新規加盟者を集める為の謳い文句である場合が多く、
実際には多くのネットワーカーが貯金を失ったり、
借金を抱えてしまっているのが現状である。

借金を作ってしまうパターンとしては
事実上ノルマに近い売上条件に満たない分を自己購入(買い込み)する
ネットワーカーは多く、それで借金を作ってしまう場合と、

製品やサービスの対価ではない加盟金自体が非常に高額で、
加盟時にローンを組んで参加させる
ネットワーク企業に参加してしまった場合、

(場合によっては初めに多くお金を支払うことで
より多く収入が得られるポジション・タイトル
からスタートできる説明
し、
一口○万円もの加盟金を何口も支払わせる場合もある)

全国各地のセミナーに行く交通費やセミナー代、
スポンサリングの際の飲食費などの経費・活動費を賄う場合
などがある。

税金とネットワークビジネスにあるように、
個人事業主の届出をしていないネットワーカーは多く、

ネットワーカーの借金は通常の事業主が事業資金として
事業計画書を提示して借り受けるような借金ではなく、
金利も高い消費者金融、サラ金の場合が多いようだ。

リクルートが運営している
キャッシング比較サイト!

では金利や借り入れ可能額の比較などが分かる。

MLMの製品は安いか?その1

多くの健康食品(サプリメント)や化粧品などの
MLM・ネットワークビジネス企業の説明会・セミナーなどで

製品が高品質で低価格」と
説明されるパターンとして
MLM・ネットワークビジネスは流通革命」というのがある。

従来の流通形式

メーカー→販社→一次問屋・代理店→二次問屋・代理店→小売店・・・→消費者

からネットワークビジネスは

メーカー→→→→消費者(会員・ディストリビューター・加盟店)

中間流通コストを削減した
ダイレクトセリング(直販)
で製品が流通する為、

中間流通コストが大幅に削減される

また、ネットワークビジネスは
ディストリビューターの「口コミ
によって広告宣伝活動がなされるため、

テレビCM・雑誌広告などの
広告宣伝費が大幅に削減される

↓↓↓

よって、「低価格で高品質な製品を製造・流通可能

という説明がされることが多い。

はたしてそうだろうか?

アムウェイが日本上陸した頃から
ニュースキンが日本上陸した頃においては
その説明はある程度の説得力をもったかもしれない。

しかし、インターネットがこれだけ普及した現在においては

メーカー→(インターネット)→消費者

という形でメーカーや卸直販のダイレクトセリングというのは
最早常識
であって、
ネットワークビジネスに限ったことではなく、
多くの業界で中間流通コストは削減されていっている。

また、ネットワークビジネスにおいては

ディストリビューターへのコミッションの支払い分を
製品価格に組み込んで販売価格を設定
せねばならない分、

マスコミを使った広告宣伝費が削減できるとはいえ、
一概に必要経費が少なくて済むとは言えない部分がある。

実際、インターネット上の掲示板などを見ると、
MLM企業の製品を「安い」と認識している
消費者は少ないようである。

インターネットでこれだけ安い製品が出回っている現状では
ネットワークビジネスの製品が取り立てて安いと感じている
消費者の割合が低いのは否めないだろう。

MLMの製品は安いか?その2へ続く

MLMの製品は安いか?その2

MLMの製品は安いか?その1からの続き


また、大手ネットワークビジネス(MLM)企業の製品・商品に関しては、

ディストリビューター価格(会員価格・卸値)よりも
インターネットで買った方が安い
という状況が生まれている。   

例えば、ニュースキンジャパン(ファーマネックス)
の主力製品である

ライフパックは

参考小売価格 税込価格7014円
ディストリビューター価格 税込4904円

であるが、

ヤフーオークションでは
3000円前後で落札されていることが多い。

(オークションでの落札相場はaucfan.com
調べられる。)

本来ニュースキンのディストリビューターは
ライフパック1つ4904円の卸値で仕入れ、
7014円前後の小売価格で販売して小売利益を得るはずなのを
3000円程度で売っているのである。

また、オークションでの個人間取引ではなく、
MLM企業の製品専門のネットショップもあり、
ディストリビューターから買い取って
卸値以下で販売
している。

例えば、楽天市場のショップでも税込4,383円という
ディストリビューター価格より
安い値段で販売している。





つまり、消費者からするとディストリビューターから小売価格で買うことはおろか、
自ら会員登録してディストリビュータになるよりも
インターネット上でオークションやネットショップで
買うほうが圧倒的に安い
 という状況になっている。

ニュースキン(NSE)には
ニュースキン プラザ(Nu Skin PLAZA)という
ディストリビューター用のネット注文サイトがあるが、
そこでディストリビューターが購入する価格より、
オークションやネットショップの方が安いという状況だ。

何故このような価格で販売されているかというと、

MLMについて
ネットワーク曲線の疑問

などにあるように、ノルマやタイトル維持のために
製品を大量に自己購入・買い込む
ディストリビューターが多い
からのようである。

買い込んだ製品を小売価格はおろか利益ゼロの
ディストリビューター価格でも販売できない
為に
オークションに安価で出品したり、
買取業者に買い取ってもらざるをえないことになるようで、

しかも、ノルマやボーナス受給条件・タイトル維持条件というのは
一回クリアすれば良いというものではなく、
大抵のMLMでは毎月達成し続けねばならず、
締め切りは毎月やってくるわけで、
その都度大量に製品を買い込む人が相当数にのぼるようだ。

「MLM 買取」などで検索すると
MLM製品を買い取る業者が多く出てくるのを見ても
如何に多くのネットワーカーが
自己消費・販売しきれない製品を買い込んでいるのかが伺える。

税金とネットワークビジネス・MLM

ネットワークビジネス・MLMで収入を得ている人で、
月収百万円から数百年円以上になるとさすがに
個人事業主の届出をしたり、法人化して
税金を支払うようになりますが、

それ以下の収入の場合、
確定申告をしていない、脱税しているどころか、
個人事業主の届出すらしていない
ネットワーカーは多数います。

「ネットワークビジネスはオーナービジネス」
「経営者の考え方をする」
「ひとつの会社を立ち上げるのと同じ」
「事業」

などと言いながら、
個人事業主の届出や
事業主の義務である確定申告さえしていないという
矛盾したネットワーカーは多数います。

ある程度の収入を得るようになったら
個人事業主の届出をするか、
法人化するつもりだというネットワーカーもいますが、

本来、事業として取り組むのであれば
そのビジネスをスタートする開業時に
まず個人事業主の開業届
提出するのが本来の姿
でしょう。

ネットワーカーとコンプライアンス

にもありますが、このことからも
法令順守の意識が低いネットワーカーは
非常に多いことが伺えます。

若者狙いのネットワークビジネス・MLM・マルチ商法

多くのネットワークビジネス(MLM・マルチ商法)において、

若者狙い」をしているネットワーカーは相当数おり、
また積極的に若者狙いをするように指導しているグループなどもあるようです。

多くのネットワークビジネスの会社では
20歳以上でも学生の登録を禁じていますが、
会社やグループによっては学生(大学生・専門学校生)を
多数勧誘
しているのが現状のようです。

なぜ若者を狙うかというと、
大人になるとほとんどの人が様々なネットワークビジネスの
勧誘を受けたことがあったり、周囲にネットワークビジネスに
取り組んで失敗した人
がいたりなどで、

そう簡単にネットワークビジネス・MLMは儲からない

違法ではないものの問題点が多い商法である

という認識を持っている人も多く、
勧誘できる確率が低いのに対して、

若者の場合、アムウェイやニュースキン(NSE)、ニューウェイズなどの
大手のネットワークビジネスの勧誘でも
まだ受けたことがなかったり、
またネットワークビジネス自体を知らない人も多く、

ネットワークビジネスに対して
悪いイメージをまだ持っていない分、
勧誘しやすいという面があるようです。

学生の登録を禁止しているネットワークビジネスでも
ディストリビューター・会員の中に
多くの学生がいる会社もあります。

グループによっては大多数を20歳を過ぎたばかりの学生が
占めている
グループもあるようです。

それだけにとどまらず、
他人の名義を借りて登録して活動している
未成年や学生も中にはいるようです。

中には学生など20代前半の若者中心に
高額な加盟金・登録費・権利金をローンを組ませて登録させる
会社・グループなどもあるようです。

ネットワークビジネスと成功哲学

多くのネットワークビジネス(MLM・マルチ商法)のグループでは

LM(リーダーミーティング)などと銘うって
成功哲学・メンタルトレーニング系のセミナーを行っています。

オーナービジネスを行う上での心構え、
リーダーシップなどを学ぶ場になっているようです。

成功哲学として名高い
ナポレオン・ヒルの成功哲学の書籍ジョセフ・マーフィーの書籍
などと基本的なことは同じで、

7つの習慣シリーズや、
7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった!スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey

キングベアー出版 1996-12
売り上げランキング : 1487

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則 人を動かす 新装版 第8の習慣  「効果」から「偉大」へ 7つの習慣 ティーンズ 成功の9ステップ


フランクリン手帳(フランクリン・デイ・プランナー)
で名高いフランクリン・コヴィーの時間管理を導入しているグループもあります。
人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー トライアルセット
人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー トライアルセットフランクリン・コヴィー・ジャパン

フランクリン・コヴィー・ジャパン 2004-10-30
売り上げランキング : 148844

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
人生は手帳で変わる 3週間実践ワークブック 7つの習慣―成功には原則があった! TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究 7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則 第8の習慣  「効果」から「偉大」へ



成功哲学や時間管理を学ぶことはネットワークビジネスに限らず
事業主・オーナーとしてビジネスを行う者にとって
有益なのは確かでしょう。

しかし、ネットワークビジネスにおける成功哲学のセミナーで
純粋に成功哲学のみを教えているかというと疑問はあります。

ネットワークビジネスにおける
メンタルトレーニングの講師は
ナポレオンヒルやジョセフマーフィー、
フランクリン・コヴィーなどの専門講師ではなく、

多くの場合、そのネットワークビジネスで
大きなグループを持つグループのリーダーで
いちディストリビューター
です。

そして、セミナーの中で成功哲学や時間管理術を
教えることを通して
セミナーを聞いている人達
(多くの場合セミナーのスピーカーのダウンライン)
に対して、

そのネットワークビジネスの素晴らしさなどを説き、
そのビジネスを絶対的なものとして信じ込ませるよう仕向けたり、

聞いている人たちのテンション・モチベーションを上げて
よりそのビジネスを頑張るように仕向ける

という場合があります。

グループのリーダーが何故そのような
メンタルアップセミナーをしているかというと、

会場費程度しか参加者から集めておらず、
公演料を得ていない場合が多いようですが、
ボランティアで講師をしているわけではなく、

グループを伸ばすため・より収入を得るため
リーダーはセミナーを行っているわけです。

グループのリーダーとしては、
ダウンラインにそのネットワークビジネスを
絶対的なものと信じ込ませ、
テンション・モチベーションを上げさせることにより、
ダウンラインをより動かしたい
わけです。

「あなたが成功するために」と言う台詞も
ダウンラインがより頑張ってグループを大きくすれば
自分の収入がより増える
という関係があるから
言う場合がかなりあるようです。

セミナーなどで話される成功哲学は
為になることも多いかもしれませんが、

全てを鵜呑みにせず、
「ダウンラインを仕掛けようとする意図」
を持って話している部分がある
ことを意識しながら
聞くようにしたほうが無難でしょう。

以前会った大手ネットワークビジネス
のディストリビューターは

「○○はノアの箱舟」
「○○のビジネスをしているだけで私は幸せ」

と言っていました。

完全に仕掛けられ、その会社・ビジネスを信じ込んでいるようでした。

ネットワークビジネス(MLM・マルチ商法)が時に
「宗教っぽい」「洗脳される」
と世間で言われることがあるのはこの辺りが原因かもしれません。

多くのネットワークビジネス(MLM・マルチ商法)への被害・苦情として
「家族・友人が洗脳された」
というのが多いのもセミナーやアップラインに言われることを
鵜呑みにして信じてしまうディストリビューターが多いからかもしれません。

ネットワークビジネス売上ランキング 

ネットワークビジネス(MLM)会社の
売上ランキング


(単位:百万円)

2005年度 

1位 アムウェイ 111,825 
2位 三基商事 100,000
3位 ニュースキン(NSE) 64,558
4位 ニューウェイズジャパン 53,200
5位 シャルレ 38,128
6位 ノエビア 36,801
7位 ナチュラリープラス 34,740
8位 FLP ジャパン 34,500
9位 シャンデール 25,400
10位 ダイアナ 24,500


2004年度

1位 アムウェイ 103,888
2位 三基商事 93,869
3位 ニュースキン(NSE) 66,154
4位 ニューウェイズジャパン 41,000
5位 シャルレ 39,181
6位 ノエビア 36,293
7位 FLP ジャパン 34,500
8位 エイボン・プロダクツ 33,582
9位 ダイアナ 25,637
10位 ナチュラリープラス 24,874

ネットワーク曲線 成長曲線の謎にあるように、

大手のアムウェイ・ニュースキン(NSE)とも
最高時の売上から大幅に下がった売上で
安定
していることが伺えます。

アムウェイは一時期売上が2000億円あったことからすると、
純粋に商品を気に入ってリピートしている消費者の売上だけでなく、

グループが下から崩れるとは?にもあるように、
ディストリビューターの買い込みによる売上の部分が
相当あったことが伺えます。

もっとも、このネットワークビジネス企業の売上ランキングに
入っている企業は苦情・被害・犠牲者が多い面はあるでしょうが、
ネットワークビジネスの会社としては成功例と言えるでしょう。

破綻相次ぐ国産MLM企業にあるように、
ネットワークビジネス(MLM)の会社は
破綻する場合の方が圧倒的に多いのです。

健全なネットワークビジネスとは

健全なネットワークビジネスとはなんだろうか。

ネットワークビジネス、MLMのシステムもいくつかに分類され、

ブレイクアウェイ・マトリックス・バイナリー・ユニレベル・代理店方式などなど様々な形態があり、

ネットワーカー同士でどのシステムが優れているだとか、互いに自分がやっているMLM以外のシステムを叩きあったりしているのを良く見かけるが、

健全かどうかはシステムの問題ではなく、

組織内で純粋な消費者の購入による売り上げがきちんとあがっているかどうかに寄るとも言えよう。


ネットワーク曲線 成長曲線の謎

グループが下から崩れるとは?

にあるように、売り上げのかなりの割合をビジネスメンバーの購入分からの売り上げが占めているグループないし会社の場合、結局はビジネスメンバーがどんどんとやめて行った場合に売り上げが激減しがちである。

また、そういった状況になっている場合、商品・サービスを介在してはいるものの、結局は先にスタートしてグループを築いた人が得ている収入は後からはじめて「このビジネスで稼ぎたい」と考えているビジネスメンバーが支払ったお金から生じていることになる。

ネットワークビジネスで自分のグループで被害者を生まず、健全な状態で収入を得ようと思うなら、組織内にいるビジネスメンバーの人数に対して圧倒的に多くの消費者を抱えている必要があるといえよう。

例えば、MLMの勧誘を受けた場合、収入を得ている人に収入とグループ人数を聞いてみると良いだろう。

例えば、月収100万円稼いでいるという場合、グループの売り上げに対するその人への還元率が10%あったとしてグループ内の月間売上は1000万円必要になる。

グループ人数が200人だとすると、一人当たり平均月間5万円もの購入をしていることになり、

グループ人数が500人だとしても、一人当たり平均月間2万円もの購入をしていることになる。

このグループ人数はあくまで継続して商品・サービスを購入し続けているアクティブな会員であり、通常は登録したまま商品・サービスの購入をしなくなっている人が多数であるので、実際には登録人数では更に多くの人数が必要となる。

通常、ネットワーカーにグループ人数を尋ねるとアクティブな会員数ではなく、登録数を答えるのが通常である。

アクティブな会員を登録人数の2割だとすると、登録数が1000人程度で月収が100万円と言う場合、アクティブな会員200人からの売上から生じるコミッションで100万円という収入を得ていることになる。

つまり、アクティブな会員一人当たりの月間購入金額は5万円ということになり、アクティブな会員の中にはビジネスメンバーではない純粋な消費者もいるであろう。その消費者が毎月平均5万円もの消費をしているとは考えにくいだろう。

ということは、アクティブな会員の中のビジネスメンバーは平均はるかにそれ以上の購入をしている計算になる。

このように、グループ人数、アクティブ人数、売上、収入には相関関係があり、少ないグループ人数で多くの収入を得ている人がいれば、その人のグループ内のビジネスメンバーの中に相当数買い込みを行っている人がいることを疑ってみても良いかもしれない。

また、参加者のほとんどがビジネスメンバーで純粋な消費者の割合が低いMLMの場合、商品やサービスを介在してはいても結局はビジネスメンバー間のやりとりになるので、ねずみ講が人口が有限だから必ず破綻するのと同様に破綻し、被害者を生む可能性が高いといえよう。

「今は設立期だから消費者を集めているタイミングではない」
「消費者は将来的に自然にいくらでも集まる」

などというのは会社や幹部の常套手段だが、そういって、それを実現させたMLMが今までに存在しただろうか。
それを実現させたMLMと、破綻し、多数の被害者を生んだMLMはどちらが多いだろうか。

常識的に考えて、ビジネスメンバー一人に付き最低でも数十人以上の消費者を抱えていなければ健全なビジネスとして成立し得ないのは計算してみると分かるだろう。

常識的に通常の商売で考えてみると、消費者・顧客がいないビジネスで収入が発生する方がおかしいのは明白であろう。

インターネット時代のMLM

インターネットが普及したことによってネットワークビジネス業界にどのような変化が考えられるだろうか。

アムウェイやニュースキンが売上を伸ばした80年代や90年代前半の頃とインターネットが普及した現在とで何が変わったか。

ネットワークビジネスの勧誘を受けた人の反応は一般的には3つに分かれる。

@、聞いてすぐにやる気マンマンの人
A、興味はあるが疑わしく感じていたり、自分に出来るか不安を感じている人
B、全く興味がない人・MLMに批判的な人


1の人はそれほどクロージングを必要とせず、進んでサインアップし、すぐに動き出す人で比較的少数であろう。

Bの人はいくら説明してもはなから聞く耳を持っていないので勧誘しても成功する可能性は低い。

Aの人たちは興味はあるものの疑念や不安があり、放っておいたら自分から進んでビジネスをはじめようとはしない人たちである。そして、この3つの内、一般的に最も多いのはAの人であろう。

ネットワークビジネスで組織を大きくしていくには如何にAの人たちから疑念や不安を取り除き、興味を大きくしていくかが非常に重要であろう。

Aの人たちの疑念や不安を取り除くために昔からネットワーカーたちは多くの資料などで合法・正当なビジネスであることを解説したり、実際に収入を得ている人に合わせて「自分でも出来るかも」と思わせることをミーティングやABCなどで行ってきた。

そして、一方的に聞いた話を鵜呑みにせずに、「自分で調べると確信がもてますよ」などと調べるように促すことも常套手段であった。

何故なら、調べるといっても昔は調べる手段が
「知っている人に聞く」
「本を読む」
程度しかなく、市販されている本はそのビジネスについて良いことを書いてある本であり、それを読めばセミナーやABCなどで説明されたことを信じるようになるという目論見があるからである。

ところが、インターネットが普及した現代においては調べ物をする時に知っている人を探して話を聞こうとする人や、本屋や図書館に行って本を調べようとする人は少数になってきた。

現代においてネットワークビジネスのプレゼンを聞いた人が調べようとしてまずする行動はと言うと、「インターネットでの検索」である。

そして、インターネットでそのMLMの情報を検索すると何が出てくるか。

試しに「アムウェイ」「ニュースキン」「ニューウェイズ」など大手MLMの企業名などで検索をかけてみると分かるように、

検索結果に表示されるページの大部分はその会社のビジネス、あるいはMLM自体に批判的なサイトや掲示板のページで内容は批判や苦情がかなりを占めている。

MLMの勧誘を受け、興味を持ったものの詳しい情報を調べようとか、不安点・疑問点を調べようとして検索した人がそれを見てどう思うかは明らかであろう。

興味を持っていたとしてもインターネットで批判や苦情を数多く目にすれば、かなりの割合の人が「やっぱりやめておこう」と考えるのも自然なことである。

このようにインターネットが普及して、人脈などがなくても様々な情報を検索・調べることが出来ることになったことにより、

Aの人で、以前であればそのMLMに肯定的な本を読んだり、
紹介者やアップラインなどに繰り返し説明されて、参入することにしたような層の人たちの内、かなりの割合の人たちが

セミナーでは良いことばっかり言ってたけど、これ程色々な苦情が多くて被害者が出ているビジネスならやっぱりやめておこう

などと考え、そのビジネスあるいはMLM自体への参加をやめていると考えられる。

大手MLM企業の売上推移を見てみると近年伸び悩んでいる企業が多いが、インターネットの普及によって新規勧誘がしづらくなったことが1つの理由なのかもしれない


ネットワーカーのグループ移動

収入が落ち、あるいはほとんどなくなったネットワーカーが
他のネットワークビジネスに参入することは珍しいことではありません。

過去の歴史を見ると既に日本での売上が数百億円規模に達しているネットワークビジネスに今から参入しても遅い場合が多く

参加して数年経つとリストアップも尽き、グループの伸びが芳しくなくなり、収入が頭打ちし、そのネットワークビジネスに限界を感じる場合が多いようです。

ネットワークビジネスではセミナーなどでメンタルアップを叩き込まれる場合が多いですが、現実には精神論や根性論だけでは成功しないのは過去の歴史が示しています。

現実に大手ネットワークビジネスで月収数百万円以上あるいは1千万円以上を得ていたトップディストリビューターでも会社の売上が頭打ちし、グループがどんどん縮小していって限界を感じ、他のネットワークビジネスをはじめる人は非常に多いのです。

現実に過去にアムウェイでは成功できなかったもののニュースキンやニューウエイズなどに
初期段階から参入して成功したネットワーカーは存在しているのです。


そして、今もネットワーカーのグループ移動は頻繁に起こっているようです。

現実にあった非常に興味深い話ですが、

かつてニュースキンで月わずか数万円程度の収入しか取れず、借金を抱え、
リストアップも尽き、伝える相手がいなくなったネットワーカーがいました。

彼はあるときネットワークビジネス未経験の友人からあるネットワークビジネスの話を聞き、
ニュースキンに見切りをつけてそのネットワークビジネスに参加する事にしました。

彼はまずニュースキンの直アップにニュースキンをやめる旨を伝えて、
新たに始めるビジネスの話をしたら、そのアップラインも
ニュースキンをやめて一緒にそのビジネスを始めることになりました。

そして、その話は何段階も上でグループのトップリーダーだった人にも伝わり、
ついにはそのトップリーダーまでもがそのビジネスをはじめることになり、
そのグループに一気に情報が流れました。


彼はニュースキンではほとんど組織を作れず、収入になりませんでしたが、
元アップラインや兄弟ラインが彼のスタートとほぼ同時にダウンラインに多数いたので
1ヶ月目から30万円を超える収入
になりました。

そして、1年も経たないうちに彼の組織は1万人を超え、
2年半後には3万人以上の組織になっていました。


このようなことが現実に起こりえるのです。

実際に他のネットワークビジネスで何年もかかって築き上げた月収入を他のネットワークビジネスで数ヶ月で達成した人も多数います。

あなたが今のネットワークビジネスに
「このままでは成功するのは難しいかも」などとかげりを感じているとすれば、
アップラインや兄弟ラインも同様の不安を感じているものです。

リストアップが尽き、伝える相手がいなくて困っていませんか?

現在取り組んでいるネットワークビジネスでは
友達や知人などには既に声をかけて断られ、
リストアップは尽きてしまったかもしれません。

しかし、あなたは今のネットワークビジネスでのダウンライン、アップライン、兄弟ラインなど
多くのネットワークビジネスにたずさわっている人を知っていますよね?


今のネットワークビジネスを続けるに当たっては
彼らはリストアップに入ることはありえないでしょう。

しかし、あなたが他のネットワークビジネスをはじめると、
彼らはネットワークビジネスの可能性も知っている、
組織を作るノウハウも知っている、偏見もないという

あなたにとって最高のリストアップになることでしょう。


あなたのアップラインの成功者があなたのダウンラインとなって
巨大な組織を作る
可能性は十分にあるのです。
そして、現実に今も起こっているのです。

現在月収数百万クラスだけでなく月収数千万を得ているトップディストリビューターが移動し、かなり大規模なグループ移動が起こっているそうです。

ネットワークビジネスで権利収入は得られるか

アムウェイ、ニュースキン、ニューウェイズなど各社でネットワークビジネス勧誘の際に多くのディストリビューターが使う文句が「権利収入(権利的収入・継続的収入)」が得られるという文句である。

果たして、ネットワークビジネスで権利収入を得ることは可能であるか?

権利収入を得ることが出来る理由の説明で、高品質・低価格な商品のため、リピート率が高く、一旦組織を作ると毎月リピートがあるから仕事をしなくても継続して収入を得られるというものだ。

確かに、純粋な愛用者会員を多数作り、毎月そのリピートで安定した売上があがるような組織を作ることが出来ればそれは可能かもしれない。

ただ、MLMの製品は安いか? その1にあるように、インターネットの普及でメーカー直売や卸直売のダイレクトセリングはいまやMLMに限らず、ごく普通のことであり、ディストリビューターへのコミッション還元分が製品価格に盛り込まれているMLMの製品が現代でも品質に対して安いと言いきれるかどうかは疑問である。

インターネットの掲示板などを見ていると、一般的にはMLMの製品を安いと認識している人はそれほど多いとは思えない状況だ。

また、MLMの製品は安いか?その2にあるように、今となってはアムウェイ、ニュースキン、ニュウェイズなど大手MLMの製品は会員への卸売価格であるディストリビューター価格よりはるかに安い価格でインターネット上で流通しているのが現状である。

となると、製品を気に入って使っている消費者会員の中には会社に直接注文せず、インターネットオークションやネットショップで購入する人もいるだろう。

そして、いくら製品力があり、低価格ではあったとしても、リピート率が100%という製品はまずありえない。
一時は気に入って継続して使ってはいても、他に気に入った製品を見つけると気移りするのが一般の消費者である。

MLMは「口コミ」で伝わっていくものであるが、収入目当てで会員になったわけではない消費者会員が積極的に口コミで宣伝をしているかというと、そういう人はごく一部でしかなく、ほっておいて消費者の口コミで自然に組織が広がっていくことなどほとんどないというのが過去のMLMを見れば実情である。

となると、リピート率がいくら高くても、消費者組織を築いたとしてもほっておくと収入は徐々に減っていくのが普通なのである。

実際に、ニュースキン(NSE)の最高タイトル保持者で月収が8桁のトップディストリビューターは「消費者がリピートするから権利収入になるのではなく、グループの中のエグゼクティブが毎月エグゼクティブの維持条件を維持しようとするから権利収入になる」と言っていました。

つまり、各エグゼクティブが資格を維持しようと頑張るから(ニュースキンの場合は毎月最低2千ドル相当の売上)、傘下に多数のエグゼクティブを抱えている高タイトル保持者は権利収入になるのだということです。

しかし、アムウェイにしてもニュースキンにしても売上が一時期より大幅に減っている現状では、高タイトル保持者の収入も減っているであろうことが想像できる。

MLM企業の売上に対する還元率というのは年度によってそれ程変わるものではないため、売上が減っているということは、ディストリビューターが受け取っているコミッションの総額も減っているということである。

実際に、月収7桁を超えていたような高タイトル取得者でも大幅に収入が落ち、車や持ち家を売り払ったり、場合によっては借金を抱えることになって人もいるそうだ。

一時期それなりの収入を取れた人でもその収入を継続して得続けるには相当な努力を要するようで、労働収入になっている人が大半のようである。

権利収入を得られている人はある程度減っても十分な額の収入がある巨大な組織を持っているごく一部のトップディストリビューターに過ぎないのが現状のようだ。

ただ、月収で7桁どころか8桁を超えているようなトップディストリビューターでさえ、他社へグループ移動しているようなネットワークビジネス業界では、どの程度からが安定した権利収入になるのかは一概には言えないだろう。

はっきりしているのはビジネス連鎖で作った組織の場合、数十万円や百万円程度の月収の組織はあっという間にグループが下から崩れたり、組織の大部分が他社へグループ移動してほとんどの収入がなくなることは十分にありうるということだ。

ネットワークビジネスのシステム分類

一口にネットワークビジネス・MLMと言っても、そのシステムには様々な種類があります。

ステアステップ・ブレイクアウェイ
アムウェイやニュースキン、ハーバーライフなど

ユニレベル・プラン
フォーライフリサーチ・ライフプラス・フォアモア・モリンダなど

マトリックス・プラン
ナンシー・メラルーカ・シンプリースクランプシャス・ペンタゴンなど

ハイブリッド・プラン
ニューウェイズ・ナチュラルワールドなど


バイナリー・プラン
TRS・イクソンクラブ・ユサナ・ロンジェビティ・マナテック・シナジーワールドワイドなど


など様々です。

アムウェイやニュースキン、ハーバーライフなどの
ステアステップブレイクアウェイ形式が代理店維持条件などで
実質的にノルマがあり、ノルマ達成・維持のための買い込みで
過剰在庫を抱え、貯金を失ったり、
借金を抱えたりする人が続出するなど
多くの被害や苦情、問題点があったことから、

その後、はノルマがなく、買い込みが起こりにくい
システムを採用したMLM企業が増えてきました。

ブレイクアウェイシステムはノルマが厳しく、
グループによっては敢えて買い込み連鎖をかけて
末端で多くの被害者を出し、苦情が多発していますが、

ノルマがないシステムでは比較的に被害は起こりにくく、
ローリスクで取り組める部分があるようです。

しかし、アムウェイ・ニュースキンなどのブレイクアウェイが
ハイリスクな分、大きな組織を築ければハイリターンだったのに対し、

ローリスクなシステムではローリターンしか望めない
場合も多かったようです。

ネットワークビジネスのシステムも時代と共に進化し、
最近出来たMLM企業でブレイクアウェイを採用している企業は
あまりなくなってきました。

バイナリーなどローリスクで比較的取り組みやすい
システムを採用する企業が増えてきましたが、
バイナリーは片伸びになると収入になりにくいなど、
ローリターンだとも言われてきました。

最近ではひとつのシステムでの運営ではなく、
複数のシステムの良いところ取りをして
ローリスク・ハイリターンを実現させて
急成長しているMLMなども出てきました。

誰も書かなかった!ネットワークビジネスの眞相

誰も書かなかった!ネットワークビジネスの眞相
ゆうじん
4903024040


アムウェイ・ニュースキン・ハーバーライフなど
小売型MLMが売上を落とし、被害や苦情を出し、衰退した理由、過程

ニューウエイズやナチュラリープラスの愛用型MLMが成長した理由

エンリッチ・レクソール、その他外資系MLMが日本であまり売上を上げられなかった理由・過程

耐久消費財系MLMは多くが悪徳マルチ状態になっていること、

「将来こうなるから今の内に参加するとチャンス」というビジョン系ネットワークビジネスは製品やサービスの流通がほとんど起こっておらず、実質加盟金の分配をしているねずみ講状態であることの解説

ブレイクアウェイだけのプランの欠点
バイナリーだけのプランの欠点、ハイブリッドの利点

MLMの歴史的なこと

など非常に内容が濃く、数値データも豊富に掲載していて勉強になります。

また、参加している年齢層が若者ばかりや年配者ばかりでも危険など、
参加している人の層についても書かれています。

ニューウエイズの人が書いた本なのでニューウエイズに若干甘めな部分はありますが、客観的な数値データが揃っていて、全体的に良い内容です。

アムウェイやニュースキンなどの買い込みにも言及していますが、
アムウェイとの収入の比較では
ニューウエイズで初月に20万円自己購入することからスタートするシミュレーションになっています。

アムウェイやニュースキン同様、ニューウェイズでも製品の買い込みによって被害や苦情が出ている点は無視されているようではあります。

ニューウエイズに甘めな本なのである程度は仕方ないのかもしれませんが、ニューウエイズの勧誘本ではなく、ネットワークビジネス業界全体に関しての書籍です。

帯にも「答えは、ニューウエイズ」と書かれてあり、
著者曰く、ニューウエイズの文字を入れないと本が売れないと
出版社に言われて承諾したそうですが、
本自体はニューウエイズの本ではなく、
MLM全体に関しての本です。

アムウェイやニュースキン、ハーバーライフ、エックスワンなど
古典的ブレイクアウェイの衰退が良く理解できます。

衆議院議員の前田議員の本

「次代を担う ネットワークビジネス」
が政界からの業界健全化の為の書籍だとすると、
次代を担うネットワークビジネス
次代を担うネットワークビジネス前田 雄吉

おすすめ平均
starsもっと早く出ていればよかったのですが
stars勇気を頂きました。
stars感想
stars正確な認知は大切です。
starsすぐよめた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本「誰も書かなかった!ネットワークビジネスの眞相」は
現場のネットワーカーからの
業界健全化の為の書籍と言えるかも知れません。

誰も書かなかった!ネットワークビジネスの眞相誰も書かなかった!ネットワークビジネスの眞相
ゆうじん

ネットワーク・ビジネス 2×2=6―あなたの“やり方”は間違っている ドクターがすすめる健康のためのニューウエイズ活用法 見てわかる!図解 経皮毒 ガンからの警告―知られざる日用品の害毒 女性を悩ませる経皮毒

by G-Tools

ネットワークビジネス企業 売上ランキング2008年度

ネットワークビジネス企業 
売上ランキング2008年度



順位 企業 売上(億円)

1日本アムウェイ1082.75
2三基商事 1000
3ニューウェイズジャパン630
4ニュースキンジャパン521.12
5エキスパートアライアンス360.22
6ナチュラリープラス356
7ノエビア 334.26
8フォーデイズ303
9シャルレ 290.07
10高陽社 290
11アシュラン289
12フォーエバーリビングプロダクツ280
13ダイアナ230
14タヒチアンノニインク226.6
15サミットインターナショナル180.6
16日本タッパーウェア178.2
17日本シャクリー 143.15
18ベルセレージュ 140
19ザ マイラ 137.12
20アルソア本社 129.39
21シャンデール 125
22ハーバライフオブジャパン 91.51
23エナジック 97
24イオン化粧品 86.77
25赤塚 85
26日健総本社 78.53
27ロイヤル化粧品 73.48
28セプテムプロダクツ73.2
29ネイチャーケアジャパン65
30マナビス化粧品 56
31扶洋薬品西日本 54.72
32ジャパンローヤルゼリー54.02
33三和 53
34アイビー化粧品 51.51
35オードビージャポン50
35シナリー50
37マナテックジャパン49.6
38シナジーワールドワイドジャパン49.4
39アイスター商事 48
40外山 45
41ワミレスコスメティックス 44.72
42扶洋薬品東日本 44.65
43グリーンプラネット43
44ケイエスビー 38.15
45ビーエムエスコーポレーション38
46アニュー36
46ユニシティ・ジャパン36
48シャンロワール 35
49ベガ 33
50グレース・アイコ 30.8
51エッチアールディ 30.6
52プロティオス30.1
53トータス30
53GNLDインターナショナル30
53ユーワールド30
56エックスワン27.38
57エルセラーン化粧品27
58バイオクイーン 26.77
59サンテクレアール 26.35
60玄米酵素26
61シーエムシー25.91
62フォーライフリサーチジャパン24
63日本ホームクリエイト23.7
64ラスディール23.5
65グリオ 22.05
66マイフレンド21
67日本ネイチャーズサンシャイン20.55
68ミラクルワールド 20
68NIKKEN 20
68ヒノデ 20
68ピュアクリスタル 20
68ハッピーファミリー20
68アイピーエス生命科学研究所20
68グラントイーワンズ20
75イオスコーポレーション19.3
76ウェルウェイ18
77ウィルアクセス17
78ヤマノプラザロイヤルコスモ16.32
79ニナファームジャポン16.1
80ゼネシス16
80日本ベスト16
82国際友好交易15.7
83エルシーエー15.2
84セモア 15
84レインボー15
86スターライズ14
86エクセレントパートナーズ 14
88シェラバートンパンパシフィック13.62
89パルウェーブ13.14
90リンクス12.9
91ツインズ12
91エヌエーシー12
91エムジーエム12
94豊凛 10
94エコプライム10
94ジャパン京洋10
97ラヴィ 9.45
98ローズライン9
99パラワン・ノニ・ジャパン 8.6
100ライラック8

ネットワークビジネス 9つの嘘

ネットワークビジネス 9つの嘘」というレポートをご存知でしょうか?

「ネットワークビジネス 9つの嘘」は
http://9liesreport.web.fc2.com/
で無料で公開されています。

※現在はレポートの無料公開は終了し、
ネットワークビジネス9の罠(落とし穴) ハマる人、ハマらないで成功する人
という書籍が発売されています。

内容的に非常に良く、ネットワークビジネス・MLMに現在取り組まれている方、ネットワークビジネス・MLMに対して批判的な方双方共に読まれるととても良い内容です。

「ネットワークビジネス 9つの嘘」は58ページあり、その構成は

嘘その1.誰にでも簡単に出来るよ

嘘その2.世界中の人達が見込み客だ

嘘その3.セールスじゃない

嘘その4.ABCで簡単リクルート

嘘その5.商品が勝手に売れてしまう!

嘘その6.伸びている会社だから大丈夫

嘘その7.組織を自動構築。 ノルマが無い

嘘その8.早く参加した者勝ち

嘘その9.信じれば、きっと成功できる

となっています。

また、「ネットワークビジネス 9つの嘘」は
「N.B.アトラクティヴ・マーケティング」と対になっており、
「N.B.アトラクティヴ・マーケティング」も無料で公開されています。

「N.B.アトラクティヴ・マーケティング」の入手方法は
「ネットワークビジネス 9つの嘘」最後の57ページに書かれています。

ネットワークビジネス9の罠(落とし穴) ハマる人、ハマらないで成功する人

ネットワークビジネスランキング

ネットワークビジネスランキングで検索すると日本のネットワークビジネス企業の売上ランキングは分かりますが、中々世界の売上までは出てきません。

http://www.businessforhome.org/mlm-500-companies-revenue/

では世界中の売上を合わせたネットワークビジネス企業の売上ランキング、成長率を調べることが出来ます。

また、ネットワークビジネス企業の売上ランキングだけでなく、ネットワークビジネスをしている人たちの収入ランキングまで出てきます。

日本人の名前もいくつかは出てき、

アムウェイやニュースキンなどの有名トップディストリビューターの名前と収入も出ています。

どういう集計なのかははっきりしませんが、

アムウェイやニュースキン、ニューウエイズなどで
「○○氏の月収は○○円」などと聞いたことがある方は
それが本当かどうか調べる手段になるかもしれません。

どちらが正しいのかという問題は生じるでしょうが・・・

2008年度の全世界での売上ランキングを見ると

1位 エイボン
2位 アムウェイ(アルティコア)
3位 メアリー・ケイ
4位 FLP(フォーエバー・リビング・プロダクツ)
5位 JAFRA Cosmetics (Vorwerk)
6位 ハーバーライフ
7位 Oiflame
8位 ニュースキン
9位 Arbonne
10位 Findel PLC (Kleeneze)

となっており、ネットワークビジネス上位20社のうち
ドイツ発が1社、イギリス発が1社、スウェーデン発が1社で
残りはすべてアメリカ発のネットワークビジネスになっています。

日本でも外資系ネットワークビジネス企業は
ネットワークビジネスランキング上位に多数入っていますが、
全世界での売上を見るとアメリカ発のネットワークビジネス企業が
圧倒的に強いようです。

日本のネットワークビジネス企業の売上ランキング

ネットワークビジネス売上ランキング 2009年度

2009年の日本のネットワークビジネス(MLM)企業の売上ランキングです

売上ランキング上位企業の伸び悩みが目立つ中でも、
ニューウエイズジャパン社の前年比40%減が目立ちます。

順位 会社名 設立年 売上(億円) 前年比
1 日本アムウェイ 1978 1,078 ▼0.1

2 三基商事 1966 ※ 900

3 ニュースキンジャパン 1993 457▼12.3

4 アシュラン 1994 ※ 330 △3.8

5 フォーデイズ 1997 327 △8.0

6 ニューウエイズジャパン 1996 ※ 325 ▼40.0

7 ノエビア 1964 315 ▼5.1

8 ナチュラリープラス 1999 ※ 300▼8.4

9 高陽社 1975 ※ 270

10 F.L.P 1980 ※ 259 ▼7.5

12 タヒチアンノ二 1996 ※ 226

※は推定金額

次項有成功するためのネットワークビジネスの選び方

次項有ヨーロッパ最大級のMLM企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート






当サイトはリンクフリーです
MLM ネットワークビジネス 光と影
MLM ネットワークビジネス 光と影
http://network-mlm.seesaa.net

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。