在宅ネットワークビジネスのインターネット自動構築への疑問

インターネット上には
「在宅でネットワークビジネスが出来ますよ」
「友人・知人を勧誘しなくても出来ますよ」
「インターネットで自動構築」などと
「楽して儲かる」系の売り文句
インターネットで集客しているサイトやブログが多数あります。

「誰も勧誘せずに自宅でインターネットで
ネットワークビジネスを行って多額の収入を得られますよ」

「誰にも断られずに済みますよ」

「セミナーやミーティングに行かなくて良いです」

などというので興味を持たれる方がいるから
そういうサイトが多数あるのでしょうが、
果たしてそれは本当なのでしょうか・・・

もし、友人・知人への口コミが一切なしで、
完全に在宅のインターネットだけで会員数・売上が増えていくのであれば、
会社側からすればわざわざネットワークビジネス形態にして
多段階に渡って売上の数十%〜50%以上もを
会員(ディストリビューター)に還元せずとも、
インターネット通販形態にし、アフィリエイトだけでも
同等の売上を上げられることにならないでしょうか?


物販アフィリエイトの報酬率は概ね売上の1%〜数%程度、
高くても5%〜10%程度が良いところです。

もし会員の誰もが誰も友人・知人を勧誘せず、
インターネットのサイトやブログで集客でき、
それだけで口コミと同じ売上・会員数になるのであれば
会社側からするとネットワークビジネス形式にして
売上の数十%〜50%以上もを還元するメリットなどない
のではないでしょうか。

もし、インターネットだけで売上・会員数が増えるのであれば
会社側からすると自社サイトで集客するか、
数%〜5%程度還元すれば良いアフィリエイト形態にすればよいのではないでしょうか。

それが無理だから数十%〜50%以上も
口コミで拡げてくれる会員に還元する
ネットワークビジネス形態にしているわけで、

全員が「勧誘しなくても出来ますよ」
「インターネットで自動構築」
などというのはほぼ成り立たない
のではないでしょうか。

日本にネットワークビジネスの会社は数千社あるとも言われていますが、
日本で年間売上100億円を超えている会社は20社程度しかありません。
数千社の中の20社ですので、1%未満です。
逆に言うと、ネットワークビジネスの会社は99%以上は
年間100億円の売上を上げられないまま潰れたり、小規模で安定してしまいます。


「立ち上げ・オープン前・第一次募集・縁故募集だから今がチャンス」
などと謳っている会社は常に数多くありますが、
潰れる会社や売上が大きくならない会社のビジネスに
早期に取り組んでも先行者利益などまずありません。

そのため、ネットワークビジネスに取り組む際はまずは会社選びが重要となります。
ネットワークビジネスの選び方

そして、その年間100億円以上を売り上げている会社の中で
「勧誘しなくても出来ますよ」
「インターネットで自動構築」
など「楽して儲かる」系の売り文句でインターネットで集客して
それだけで売り上げている会社というのはないはずです。
(そういうやり方をしている一部グループが存在する可能性はありますが、
あくまでごく一部のグループが会社と関係なく独自に行っているだけであることでしょう)

つまり、「勧誘しなくても出来ますよ」
「インターネットで自動構築」など
インターネットで集客を売りにしている会社というのは
売上が大きくなっていない会社
が多いのではないでしょうか?

そもそも、そういう「楽して儲かる」系の売り文句で集客できるのは
「楽して儲けたい人」が主で、そういうサイトやブログを見て
「その製品を使いたい」という愛用者が大勢集まるでしょうか?


ネットワークビジネスはビジネスメンバーだけでは成り立ちません。

(成り立たせようとすると無限にビジネスメンバーが増え続けねばならず、
もしそれが成り立つのならねずみ講も成り立つことになってしまいます)

総会員の内、少数のビジネスメンバーに対し、
大多数の愛用者会員が存在するからこそ、
ビジネスメンバーは収入を得られるわけです。

ビジネスメンバーしかいない組織は大抵下から崩れてしまいます。

日本でネットワークビジネスに登録している人の約75%は女性で、
若い層より50代以上が占める割合が高い訳ですが、
インターネットで「楽して儲かる」系の売りで
比較的若い「楽して儲けたい」という人をある程度集めることが出来たとしても、
消費の中心である50代以上〜団塊の世代の愛用者層を
インターネットだけで増やせるでしょうか?


もし、完全に友人・知人への口コミなしで
在宅でインターネットだけで
50代以上〜団塊の世代の方を集客でき、製品が売れたり、
愛用者会員を多数作れるのであれば、

会社側としては自社サイトでのネット通販とアフィリエイトでも
その売上・会員数を作れるということになってしまいます。


ということは、完全在宅のインターネットでの活動だけでは
ビジネスメンバーは多少は集客できても愛用者が出来ずに
売り上げは大きくは上がらないのではないでしょうか?
売上が伸びないということは収入も大きくならないということです。

そして、現実にネットワークビジネスの売上ランキングを見ても
そういう(やり方をしているグループがメインの)
企業は売上上位に入ってきてはいないのです。

ネットワークビジネスにインターネットを活用すること自体は可能です。
インターネットを活用して人脈を拡げたり、
見込み客(プロスペクト)を作ることもやり方次第で出来ることでしょう。

しかし、ネットワークビジネスはコミュニケーション・ビジネスであり、
在宅でインターネットだけで完結出来るのでしょうか。

もし完全在宅でインターネットだけで完結し、
それだけで組織が伸びて売上が増え、収入が増えるのであれば
会社側としては数十%〜50%以上も還元するのをやめて
自社サイトで直接集客するか、
5%程度還元すれば十分なアフィリエイト形式にするでしょうし、

誰もわざわざ時間や交通費など経費をかけて人に会いに行ったり、
セミナーやミーティングなどを行ったりしないことでしょう。

それらの(面倒な)ことを会員(ディストリビューター)が行って
口コミで売上を上げてくれるからこそ
会社側としては売上の数十%〜50%以上を会員に還元している
わけです。

もしインターネット上だけで完結し、
口コミと同等の売上になるのであれば
会社側としては売上の数%〜5%を還元すればよい
インターネット通販+アフィリエイトで十分ではないでしょうか。

ネットワークビジネスは決して楽して儲からないのです。
どの会社でもコツコツ仕事として取り組んでいる人が成功しています。

一攫千金、楽して儲かる系の売り文句で組織を作ろうとしている人は
次から次へ会社を変えて「立ち上げだから今がチャンス」
「オープン前だから今がチャンス」「縁故募集が○○までだから今がチャンス」
などと同じことを繰り返している人が多いようです。

インターネットを活用すること自体はネットワークビジネスでも有効でしょうが、
インターネットだけで完結する、完全在宅、自動構築などというのが成り立つのかは疑問です。

次項有成功するためのネットワークビジネスの選び方

次項有ヨーロッパ最大級のMLM企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート

次項有オリンピック6大会で115個ものメダルを獲得したスポーツ選手たちが飲んでいる驚異のサプリメントとは


次項有成功するためのネットワークビジネスの選び方

次項有ヨーロッパ最大級のMLM企業が2015年、ついに日本で本格展開スタート






当サイトはリンクフリーです
MLM ネットワークビジネス 光と影
MLM ネットワークビジネス 光と影
http://network-mlm.seesaa.net

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。